みんなの引越し体験談

引っ越し業者は高いから使わないぞ!と言った旦那がまさか全く手伝わないとはw

夫婦揃って30代に入った頃にもとの住まい(アパート)から5キロ程の場所に念願のマイホームを建てました。

子供もいたので当初は引っ越しはプロの業者に頼むという事で夫婦で意見がも一致していたんですが・・・。

荷造りもしてもらえるけど荷物の中身を見られるのは抵抗あり

荷造りは、自分達の物を見られたくないのと触られたくないというのもあり、自分達で行う事にしました。依頼する業者はインターネットで探して見積もりを依頼するとこちらの希望した日時に営業の方がやってきました。

うちの場合、何も考えずに一つの業者に頼んだのですが、ネット上で何社か同時に見積もりを取る事も可能です。いや、そう本当は何社にも見積りをもらべきだと思います。(今となればそう思うんです。)

見積りには作業服の人が来るかと思ったらスーツの営業マンが来てびっくり

来たのはスーツを来た30歳の営業マンでした。話を聞くと見積の仕事はかれこれ8年目だとか。

おそらく、他の業者にも見積もりを取っていると思っていたようで、この営業マンはやる気が違いましたね。とにかく「勉強させていただきます」が口癖で、こちらの要望は拒否せずにひとまずは聞いてくれました。

予算よりもかなり安く見積もりが出て、2LDKからの引っ越しで驚きの8万円でした。なので、すぐに契約をしようと思ったのですが、営業の方が「どうぞ、よいお返事を待っています」と言ったので、「まあ、焦らなくてもいいか」と思い、返事は後日にする事にしました。

なぜか引っ越し業者がお米をくれました

また、その営業の方は、お米を置いていき、念押ししていきました。引っ越し業者とお米は何の繋がりも感じませんが、貰えるたので得した気分でした。後日、連絡を入れお願いする事を伝えると「人数を倍にして引っ越しのお手伝いをさせて頂きます」と返事がきました。

引っ越し業界も熾烈な争いがあるのだな~と営業の方の対応でよくわかりました。そこまでサービスしてもらえると、逆に他の業者はどうだったのかが気になります。比較して、値引き交渉をもっとすべきだったのか思うところです。

問題は荷造り!当然、夫婦でやると思ってたのに

依頼業者を決めましたから、後は引っ越し当日までに、荷造りを済ませておかなければいけないわけですが、1歳の子供がいる家庭では結構大変でした。とにかく目が離せないんですよね。

当初、「荷造りまで業者に頼むと何万円も高くなるから自分らでやろう」と言っていた旦那は、上司からの釣りの誘いを断れずに、直前の2週間は休日は全て釣りに出て、戻ったら寝るだけの休日でした。

もちろん、平日は仕事で疲れて戻ってなにもやろうとしません。ホントに全く手伝ってくれず自分の衣類などを段ボールに入れる事すらしてくれませんでした。

妹2人に電話!おねーちゃんの引っ越しを助けて!

引っ越し当日まで間に合わず、タンスの中に洋服が残っている状態でしたが、助けに呼んだ妹2人がなかなかの知恵を持っていて、「引き出しが飛び出ない様にガムテープで留めればラクじゃん!」と、多少荒い方法ですがラクできる事を思いついてくれました。

一応、業者に確認をすると衣類が入ったままのタンスも大丈夫ですよ」とのことで当日も問題なく運んでくれました。

ただし、もし途中で荷物の保管が数日ある時や、梅雨時などはこれはおすすめできないんだそうです。たしかに・・・服にカビ生えちゃいそうですよね。

なお、この時に利用したテープは、普通のガムテープじゃなくて、何度でも綺麗に剥がせる「養生テープ」を使いました。妹の旦那が室内工事の仕事をしてて、なにかに便利だからと昔から愛用していたんだそうです。

しっかり張り付くのに、剥がせば糊も残らず、しかも切り取りも手で簡単にできるので助かりました。

不要なものをヤフーオークションで処分したら2万円になりました

引っ越しを機にダイニングやソファーなどを妹にあげたり売れそうな物は片っ端からヤフーオークションで処分したので、明らかに荷物の量に対して人数が多すぎたくらいでした。しかもオークションで2万円の儲けになりましたよ。

面白くて次々と出品して処分したので、当日は人数を倍増した業者が現場で浮いてしまうほどの無駄な人数になっていました。

結局、大勢のスタッフのおかげで30分もかからず全ての荷物を希望の部屋まですべて運び入れてくれ、あっけなく引っ越しは終了しました。

過剰なサービスはあまり好きではありませんが、気分が良かったのは確かです。値段相応だったかはわかりませんが、引っ越しもただ安ければよいというわけではなさそうです。最後まで気になるのは、最安値だったらいくらだったんだろう?という今更の疑問です。