みんなの引越し体験談

引っ越しの際にエクセル表とctr+fの検索ワザで見せた父の驚くべきハイテク梱包術

退職を機に、父を近くに呼び寄せることになりました。体が動くうちに新しい環境に慣れて欲しいと言うのもありましたね。

一人住まいの気楽さからか、父は元々少しでも不満や不便なことがあると、さっと住まいを変えてしまいます。もう、この十年で何度引っ越したかわかりません。とは言え、引越し慣れしているというのも考え物だとつくづく思いました。

おい!引っ越し屋ってどうやって選ぶんだ?

父は60代の男一人にしては荷物は多いと方だと思いますが、引越しはいつも業者を使わず自力でこなしてきた強者です。ただ、今回は私が引っ越し料金の負担をみることにしたので初めて業者を頼もうと言うことになりました。

そこで父の口から出た第一声は「業者はどうやって選ぶんだ?」でした。

父が適当に「近くに赤帽があるからそこに頼もうか」とか言い出すので、いやいや、ここはいくつかの業者で値段やサービスを比べるべきだろうと、ネットで主な業者に見積もり依頼を掛けました。

「お前がそうしたいなら」という事で見積のやり取りは私の仕事になりました

ただでさえ平日は仕事で忙しくてたまに土曜も会社に出てる私が、「見積を言い出したから」という理由で面倒をみることになりました。言わなきゃよかったという思いと、安くなるなら良いという思いで複雑でした。

5社の引っ越し業者から見積をもらったけど実際に会ったのは2社だけで済みました。なぜなら、インターネットから簡易の見積査定が利用できたので、そこでまずは5社から2社に絞ることができたからです。

5社のうち2社は約10万円でしたが、残りの3社は15万円を超えていてなかには17万円というところもありました。

午前と午後に分けてブッキングしないように下見

絞りこんだ2社には午後10時と午後15時で余裕を持たせてブッキングしないように現地を下見してもらいました。

いずれの本見積りもネット上の見積りと大差ないことが分かり、あとはどちらを選ぶかというところで選択は父に任せました。なかなか難しいタイプの人間なので気に入った業者を選ばせておくに限ると思ったからです。

父に聞くとあっさりと「昼から来た方が良かったな」と答えがでたので、すぐに午前中の業者には断りをいれて午後の業者に依頼を決めました。

有給休暇をとって父の荷物の梱包を手伝うことに

行ってみて驚いたのは荷物が多いこと!単身者用の安いサービスは無理だという理由が分かりました。まるで夫婦並みの荷物で2トン車のロングタイプを依頼することになっていましたが、それでもギリギリなんじゃないかと思いましたよ。

多趣味でいろんな物を持っている他にもお洒落にもうるさくてタンスが4棹もあり、料理も好きなもんだからキッチン用品なんかも父の荷物には含まれているんです。

これ全部、梱包するのかよ・・・と、思わずため息が出ました。

結局、思ったほど私の手伝いは進まずに父を残して実家を離れました。戻る際には「どうしても梱包が難しかったら追加料金で業者に任せることもできるからね。」と伝えておきました。その数日には「梱包完了 当日を待つのみ」とメールが届いて安心しました。でも、「あれだけあったのに本当か?」と驚きもしましたね。

見事に種類分けされた梱包に業者さんも驚いてました

箱には中身が分かるようにしっかりと書き込みがされているばかりか、AからZまで、しかもA1やA2と言った事細かな分類分けのメモもマジックペンで書かれていました。

どうやらエクセル管理している表にAからZまでの荷持の中身がびっしりと書かれていて、探す時にはキーボードでctr+fの検索を使えば目当ての物がどの箱に入ってるかすぐに分かるように工夫をされていました。

几帳面なタイプとは知ってましたが、エクセルと検索を利用してここまで完璧とは・・・。父は引っ越し業者さんから「ここまで荷造りを完了している人も珍しい!ハイテクですね!」と言われて満足気でした。

予定外!エアコンは外して引っ越しすることに

引越し費用は最初よりも2.5万円高くなりました。その理由は、置いてくはずのエアコンが「まだ購入から5年しか経ってないから勿体無い」という理由で取り外すこととなり、さらに我が家に運んでエアコンがない部屋につけることになったからです。

と言っても、まだ我が家のガレージに眠ったままなので下手したらガスが抜けてもうゴミと化してるかもですが。

エアコンの取り外しと移送に2.5万円

これで取り外し工賃と運送費が2.5万円かかったので締めて15万円ほどになりました。初めて引っ越し業者を使ったんですが、見積りを比較して一番安いところを選ぶことができたので、安心感はすごく大きかったです。

父の努力のスムーズな梱包のお陰で?!何のトラブルもなく引越しはスムーズに終了しました。翌日には、荷解きも完全に終わり、普通に寛いでいる父に「役所にはいつ行く?」と聞くと、今日の昼間に行ってきたぞ、とここでも完璧な父でした。

ただし、父は知らないと思いますが、引っ越し業者さんが言うには、エアコンはすごく繊細な家電だからホントは一度取り付けたら処分の時以外には