みんなの引越し体験談

引っ越し当日に必要な物は肌身離さずくらいでないと私みたいにエライ目にあいます

3歳と8か月の子供を連れての引越しはもう朝から晩までバタバタの引越しでした。

念願だったマイホームを購入し住んでいるマンションから、1キロほど離れた場所に引越す事になった我が家。1キロほどとは言え、かなりの大荷物と言う事もあり、引っ越し業者に頼んで引越しする事にしました。

引っ越し業者のトラックに相乗りしてくるはずの旦那がいない

当日、私と子供2人は車で先に新居に向かい、その後にトラックと一緒に旦那が来る予定になっていたのですが、来たのはトラックだけ。旦那はと言うと、なぜかマンションの掃除を念入りに済ませて後からこちらに向かおうとしていたのでした。

そんな事を知らない私は、旦那が来ない為、私一人で荷物の支持をする事になってしまい、下の子供をおんぶしながらの作業は、過酷そのものでした。この時点で私の機嫌はかなり悪くなってましたね。

そうしているうちに一旦、お昼にしようと言う事になり、旦那に連絡し、私たちにはお弁当を買って来て欲しい!と、そして下の子供のために離乳食の瓶詰めを買ってきてほしいと電話したのです。

「あんた、とにかくダッシュよ!ダッシュ!いいわね!」

勝手に行動予定を変えた旦那!あんたに預けてた荷物がないと困るのよ!

そして、食べ物を両手に小走りで合流してきた旦那に文句を言いながら、やっとお昼が食べられると安堵した瞬間に気づいたんです!「下の子に食べさせるスプーンがない」という事に・・・。運の悪い事に食器類が入ったダンボール箱は、まだトラックの中だと言う事ですぐにスプーンを買いに走る事に。

その頃には、お腹を空かせた子供たちの不機嫌さはマックスになっていて私のイライラも同じくマックスに!

クタクタに疲れて風呂に入ろうとしたらバスタオルがない!オーマイガー

すぐに旦那は近所のセブンにスプーンを買いに行ってくれ、無事に離乳食を食べさせることができ、子供たちは、そのまま、お昼寝タイムへ!その間、さっさと荷物を運び入れ、やっとの思いで引越しは完了。

夜は、外に食べに行こうと言う事で外食で済ませ、クタクタになって戻ってから、さあお風呂に入ろう!と思ったら、今度は、バスタオルが見つかりません。オーマイガー!です・・・。

翌日必要な幼稚園のセットと仕事関係の洋服は、わかりやすいダンボール箱に入れ分けておいたのですが、その日の夜の事まで考えていなかった私は、バスタオルに下着にとダンボール箱を開けて探す事になってしまったのです。

引越し当日に必要なものと翌日必要なものは身近に確保すべし

こんな事になるなら、翌日のものだけではなく、その日に必要なものも分けておけば良かったと後悔する私。今まで、引越しなど、子供の頃からした事がなかった私にとっては、何もかもが初めての経験だったのです。

今度、引っ越す事があれば、同じ失敗をしない自信はありますが、残念ながら、マイホームを購入したという事で、もう、引越しを行う事はないかと思います。なので、最初で最後の引越しは、失敗だらけの思い出になってしまって、少し残念です。