引っ越し 契約

引越し時のインターネット回線はどうする? 移転手続きや解約についても

引越し時にはそれまで使っていたインターネット回線をどうすればいいか?戸惑う人も多いと思います。

そこで今回は、引越し後にインターネット回線をどうしたいか?あなたに合わせた答えをご紹介します。

引越しの際のインターネットの移転手続き

引っ越し先で同サービスを使う場合

もし引越し先でも今と同じサービスを継続利用したい場合は話は簡単です。まずは回線事業者とプロバイダにそれぞれ連絡をして、引っ越し先の住所を伝え、そこでも使えるか?を確認してもらいます。

基本的には電話でオペレーターとやり取りする事になりますが、引っ越し日や新住所を伝える必要があるので住所が分かるものと利用開始を希望する日をメモしたものを見ながらが慌てずに済みます。

なお、電話で引越し先への手続きをする際にプロバイダによってはIDとパスワードも必要です。

引っ越し先で同サービスが使えない場合

ところで上述は、引っ越し先にて同じサービスが継続利用できる時の話です。継続利用が難しい時は解約する必要がありますから注意が必要です。

そもそもネット回線には、必ず提供エリアがあります。ネット回線は一部の地域には開通していない事もあるからです。

東京などはほぼ全域開通していますが、他県ではネット未開通の事もあります。そこそこ人口が多い県でもお住まいになる地域によって回線会社の普及率も異なるので安心はできません。

特に、東京や大阪から他県に引っ越しする時はネット回線の解約が避けられない事もあるのです。もちろん他県では新たなネット回線を使用する事になるのでそちらも改めて申込みする必要があります。

続いては「解約」についてご紹介しますね。

引越し時にインターネットを解約するには

解約の手順

ネット回線を解約したい時は、まず回線事業者やプロバイダに連絡をします。基本的には電話で連絡をして、解約したい旨を伝える訳です。

オペレーターとやり取りする事になり、業者によっては本人確認が行われる事もあります。その際に契約IDなどを質問される事も多いので、電話を賭ける前に調べておくと良いでしょう。

ところでネット回線を使っているなら、専用機器もレンタルしている筈です。モデムなどをレンタルしているなら、それも返却する必要があります。なお、返却方法は宅配便です。

解約時の注意点

引っ越しが理由ならいつでも解約できる?

基本的には解約手続きはいつでも実行できます。解約したいという旨をオペレーターに伝える訳ですが、特に日程の制限などはありません。ただ解約の事務処理は若干時間がかかりますから、解約したい旨は早めに伝える方が良いでしょう。

解約には違約金はある?

ところで解約すると、数万円もの違約金が発生する場合があります。具体的な金額は業者次第ですが、1万円以上になる事が多いです。

数年前に私はNT◯系の回線の解約であやうく3万円ほど払うことになるところででした。払わなくて済んだ理由は以下の通りです。。。

違約金なしで解約できるケース

実は回線事業者によっては、違約金が免除される事もあります。引っ越し先が「対象エリア」でない場合は違約金が徴収されないケースも多いのです。

ただ、それも回線事業者次第です。違約金が気になる時は、サポートに問い合わせしてみると良いでしょう。

私は都会から実家に帰る際に、利用していた回線会社が私の田舎の住所ではまだ対象外エリアになっていたために解約時にお金はかかりませんでした。

引っ越し先ですぐにインターネット回線を使いたいならモバイルWi-Fi

インターネット回線は、申し込みをしても即日開通する訳ではありません。

1週間~2週間ほど工事を待たされてしまう事も多く、特に春の引っ越しシーズンは工事依頼が多いので待たされる覚悟は必要となります。でも!すぐにネット回線を使用したいならモバイルWi-Fiがあります。

モバイルWi-Fiのメリット

モバイルWi-Fiはすぐに利用できるメリットがあります。モバイルWi-Fiなら即日利用できますし、引っ越しする度に手続きする必要もないのでとても便利です。

また「モバイル」ですから、外出先でも使用できるメリットもあります。

モバイルWi-Fiのデメリット

モバイルWi-Fiには速度面に関するデメリットはあります。光回線と比べるとスピードは若干遅いです。でも、YOU TUBEなどの動画は見れるので大丈夫です。

またWi-Fi回線は、対象エリアが若干限定される事もあります。郊外エリアでは使用できない事もあるので契約前にエリアをよく確認しておく必要があります。