引っ越し 条件別

引っ越し時に家電のみ業者に頼むには

引っ越しの際に家電のみを頼みたいというケースにあると思います。

そもそも宅急便扱いではなくて引っ越しの荷物として家電のみを依頼できるのか?できるなら費用はいくらほどか?それに梱包も頼めるのか?など気になるところをまとめてみました。

引っ越しの荷物が家電のみでも運んでもらえる?

私自信がテレビと冷蔵庫と洗濯機だけを引っ越し業者に依頼したことがあるので依頼できることは間違いありません。

また、最近は引っ越し業者が用意している公式サイト上でも「家電のみ」のプランが存在する業者も簡単にみつかります。

そんな家電のみという依頼は基本的に大手の引っ越し業者なら受けてくれますが、小さな業者だと割に合わないから通常のパックサービス料金でしか受けてくれないところが多いです。

当然、通常のパックサービスで頼めばバカ高い料金になるのでオススメできません。

宅急便と違い保険が掛るのから安心

特に大手の引っ越し業者の場合には保険が掛るので、万が一の破損や事故などが起こっても安心です。

大手の引っ越し業者以外にも赤帽や運送業者、便利屋などに頼むということも可能ですが、赤帽や運送業者は引っ越し専門ではないために配送面でやや不便になることもあります。

家電のみの場合のデメリット

なお、家電のみの配送のケースはトラックのスペース上自分の家電と他人の荷物が一緒になって配送されることが多いです。

そのために希望日通りに指定できなかったり、予定日が直前までわからないことは気をつけておきましょう。

家電のみ頼んだら費用はいくら?

家電のみを頼めることは分かったけど、費用がバカ高いなら考えてしまう・・・。そんな方は以下を参考にしてみてください。もしかすると物によっては引っ越し先で新品を買う方が良いかもしれませんよ。

※今回は大阪・東京間での引っ越し距離をまとめてみました。それぞれ1製品ごとの料金になります。

洗濯機や単身用サイズの冷蔵庫

約8,000~9,000円

洗濯機や冷蔵庫は新品を購入してもハイアールなどの安い海外メーカー品を選べば2万円程度で買うことができます。

しかも、送料無料で送ってくれますし部屋まで運び入れてくれるので、もしも使い込んだ製品なら買い換えるというのも一つの手です。

こちらも参考にどうぞ→ 引っ越し 洗濯機のみなら

エアコン(室外機も含む)

約8,000円(取り外しや取り付け工事費は別)

エアコンは以前の記事でも紹介したことがありますが、基本的には一度取り付けをしたら廃棄する時まで取り外すことはオススメしないほど繊細な家電です。

理由は室外機と室内機をつないでるフロンガス用のガス管が繊細で、ちょっとしたことで漏れ出して再起不能になるリスクが大きいからです。

どこのエアコン業者も引っ越しはオススメしませんが、これが理由なんです。

もし賃貸物件からの退去なら、大家さんに「綺麗なエアコンを置いていくから1万円で買い取ってもらえませんか?」などと交渉してみるのも良いかもしれませんよ。

私はアパートの大家をしていますが、どんなに安いエアコンでも5万円くらいはするので、撤去されるよりも1万円くらいで置いっていってもらえるほうが助かります♪

石油ストーブ(ファンヒーター等)

約3,500円

ファンヒーターも安い製品だと1万円もしないものがあるので、メリカリなどで2,000~3,000円で処分して、引っ越し先で新品を買うのがオススメです。

特に、冬場の引っ越しで荷物よりも数日先に自分が引っ越し先に入った場合には、引っ越し作業のためにもすぐに使えるファンヒーターが欲しいからです。

荷物がつくまでファンヒーターなしでいるのは辛いので、それなら現地に着いてすぐに新品を買った方が手っ取り早いですよ。

小物家電(固定電話・ファックス・HDレコーダー・電気ポットや炊飯器)

約2,000円

あまりおすすめではありませんが、私はこれらの家電なら通常の宅急便で送っていました。

他に宅急便屋さんに頼むのついでがあれば、1つ2つならおまけしてもらえるかもしれませんが、単体で頼むとなればかなり割高ですよ。

引っ越しの際の家電は梱包も頼める?

引っ越しの際の家電配送は大手の引っ越し業者さんに頼むと安心ですが、その安心には「梱包を頼める」というメリットも含まれています。

梱包は手間がかかるし梱包材の確保も面倒です、その道のプロに頼んだ方がラクだし安全です。それに、業者が梱包した家電ならもし故障や破損してもすぐに保険でカバーしてくれますが、自分の梱包のせいだと言われたら揉める原因にもなります。

業者のなかには、自分で梱包をやった場合には安全面の点から配送を引き受けてくれない業者さんもいるので、もし自分で梱包をやる場合は配送の有無を事前に問い合わせておくと良いでしょう。

家電に関しては特に冷蔵庫などは個人で梱包をするのは骨が折れるので、こういった点も考えると梱包は一緒に依頼をするのをおすすめします。

引っ越しの際の家電は買い替えた方が得なケースも

引っ越し先に持っていくものは色々と選別をした方がスッキリしますが、古くなったものは思い切って断捨離をするのも良いでしょう。

家電などは特に古くなったものは移動中などに故障をするなどのリスクも高いために、引っ越し前に処分をしたり売りに出して新居で新しいものを買う方が良いこともあります。

これら家電を引っ越し前に処分をする時には、まず不用品回収業者や粗大ゴミなどに出す方法があります。

これは本当に故障などが激しい場合には有用ですが、まだ中古品として利用できそうならば買取業者やフリマなどに出品をするのも良いでしょう。

買取業者などは自分で店舗に持っていくことも可能ですし、最近では出張買取なども増えてきているので自宅でも買取をすることができます。

またメルカリなどを始めとするフリマアプリだと自分で好きな値段を付けることができるので、思わぬ引っ越し代金となるのも嬉しいですね。

フリマアプリなどは手続きなどを含める処分まで時間が掛かることもあるので、引っ越し予定日などに間に合うように計画を立てるのが大事です。

家電として処分をする際に気をつけたいのが冷蔵庫やエアコンなのですが、これらはガスが充填されているので、処分の時までは動かさない方が懸命です。

引っ越しの際は良い機会なので新しく買い換えることなども検討すると良いでしょう。

まとめ

このように引っ越しの際に家電のみを引っ越し業者さんに頼むのは可能ですし、梱包なども一緒に頼むと色々な面で便利です。

しかし家電などが古くなっている場合は処分などをして、新居で買い換えることなどもおすすめですよ。

いずれにしても、引っ越し料金が思ったよりも安く済めば、手間をかけずに梱包も引っ越しも全部任せてられます。そのためにも1社だけからしか見積もりをもらってない人はせめて3社~5社からは貰って最安値のところに依頼してください。