業者へのキャンセルについて

引っ越しはキャンセルできる?エアコン取り外しや手付金払い後のケースも

引越し業者と契約してから引越しそのものが必要なくなることは多々あります。

転勤の辞令が取り消されたで引っ越さなくてもよくなったり、新居の都合で引っ越しを延期する必要が生じたりするからです。

また、引っ越し業者と契約したものの、後からもっと安い業者が見つかったのでそちらに変更したいといった場合もあると思います。

そういった時には引っ越しをキャンセルすることができます。ただし、キャンセルの連絡をする日によってはキャンセル料が発生してしまうので要注意です。

キャンセル料は標準引越運送約款に記載あり

そもそも、引っ越し業者と依頼主の契約では標準引越運送約款というもので定められており、引っ越し予定日の2日前までに連絡をすればキャンセル料がかからないとされています。

引っ越し前日や当日にキャンセルする場合にはキャンセル料が発生しますが、流石にこれは諦めるしかありません。

ちなみに、標準引越運送約款は国土交通省が定めた法令なので引っ越し業者はこれに反することはしません。

特に最近の引っ越し業界は長時間労働などで国からの監視の目が光っているのでなおさらです。

すでに梱包済みでキャンセルするなら

引っ越し業者と契約したら、段ボールなどの梱包資材を無料でもらえることが多いと思います。

引越しをキャンセルする場合には、もらった梱包資材は返却しなければいけません

すでに荷物を梱包してしまってる場合には、使用した分だけ梱包資材を買い取る必要があり、当然、手付かずで残ってる箱は戻す必要があります。

返却方法は引っ越し業者によって異なりますが、郵送などで返却する場合には送料も負担しなければいけないことが多いようです。

エアコンの取り外し工事をしてもらった後にキャンセルするなら

引っ越しの契約をする際には、エアコンの取り外し工事をオプションで依頼することも多くあります。

エアコンの取り外し工事を済ませ後に引っ越しをキャンセルするという場合、当然にその時までに発生している作業員の人件費は工事代金という形で支払う必要があります。

手付金や内金を払った後でキャンセルなら

引っ越しの契約時に、すでに手付金や内金を支払っている人もいると思います。でも標準引越運送約款には手付金や内金は払ってはいけないと定められています。

つまり、本来は支払う必要のないお金になります。引っ越し予定日の2日前までにキャンセルすれば引っ越し料金が発生することはないので、引っ越し業者に返金を求めることができます。

前日や当日にキャンセルする場合にはキャンセル料が発生するので、支払った手付金や内金と相殺することになります。

支払った額の方が多ければ差額は返金されますし、キャンセル料の方が金額が大きい場合には不足分を支払う必要があります。

引っ越し業者に上手にキャンセルする方法

引っ越しをキャンセルすることを決めたら、できるだけ迅速にキャンセルの申し入れを引っ越し業者にするべきです。

言いづらいからと連絡しないでいると、直前になってキャンセル料を避けられない状況になりますよ。

引っ越し業者の方でも人員を手配したり、引っ越し用のトラックを確保したりする必要があるので、早めに連絡をもらえた方が無駄を出さずに済みます。

引っ越し業者はキャンセル対応に慣れてます

引っ越し業者はキャンセルにも慣れていますから、大抵の場合はスムーズにキャンセルすることができます。

ただし、早めに連絡した方がいいといっても、予定が確定しないうちにキャンセルの連絡してしまうのはおすすめできません。

引っ越し業界では人手不足が深刻化しており、春や秋といった引っ越しが多いシーズンだと予約が取れないことも多くなっています。

もっと安い引っ越し業者が見つかりそうだからとキャンセルしたのに、そちらの予約が取れずに元の業者に引っ越しを依頼しようとしたら断られてしまったということもあります。

引っ越し業者を変更する際には一見無駄に見えるかもしれませんが、契約を済ませてからにしましょう。