みんなの引越し体験談

引っ越しで不要な家電や家具はメルカリを使ってタダで処分できました

現在専業主婦である私は数カ月前に引っ越しを体験しました。引っ越し理由は、これまで住んでいたところが子供が生まれて手狭になったことです。

家族は私と主人そして2歳と4歳の子供の4人で、引っ越し当日は子供2人はスッカラカンになった部屋に入れて、iPadで妖怪ウオッチのアニメを見せたり、玩具を大量に入れておいて業者さんの邪魔にならないように工夫をしました。

ちなみに、荷物の量は段ボール箱30個ぐらいで家具を合わせると4トントラックくらいです。後にも紹介しますが引っ越し慣れている私の拘りは、服はハンバーにかけたままで箱に入れて、現地ですぐにクローゼットにかけていけるようにしている点です。

選んだ引っ越し業者はテレビでよく見る大手です

ちなみに、いつも引っ越しをするときは業者に頼んでいるので今回も引っ越し業者を頼みました。そこは引っ越し業者はテレビで大々的に宣伝している大手になります。

初めは3社に見積もりを依頼しましたが、初めて見積もりを依頼したところで大幅に値引き交渉をして自分の想定の値段まで下がったのでそこに決めてしまいました。

何社も営業マンが来るのが面倒でいきなり1社に!ちょっとだけ後悔

すべてに見積もりを依頼して一番安いところにしようと思ったのですが、家に営業マンが来て見積もりをされるのに疲れてしまい、これが3回続くのかと思うと面倒になったのもあって一社目で決めて金額は8万円ほどでした。

エアコン、洗濯機の取り外し、取り付け工事費も含んでいるのでかなり破格な方だとは思っています。

ただし、後から似たような条件で引っ越しをした人の話だと「値切って7万は切らなきゃ」と言ってた感じからすると、今回は最初から1社に決めつけて依頼したので少々割高な金額になっていたみたいですね。やはり複数社を比較しないと高いか安いか分かりませんね。

引っ越しをして一番大変なのは不用品の処分です

引っ越す際には粗大ごみでないと捨てられないような大型のゴミが出るので、引っ越し業者に頼むのか自分で粗大ごみに捨てるのかを大幅に迷います。

実際に大きな棚を6個くらいとテレビ台、布団は自分で粗大ごみに捨てましたが、これを引っ越し業者に不用品の引き取りを頼むと高くつくので、自分で捨てられるものは粗大ごみに出すというのが私のこだわりで今回も汗を流して処分を行いました。

不要な家電の処分にメルカリが役立ちました!

もともと服の処分などメルカリを利用していたので今回の家電もスマホからメルカリを利用して破格で処分しようと試みました。まだまだ使える家電だったのですぐに連絡が入り、値段より処分が優先だった私はタダ同然であげました。

たぶん、ヤフオクとかで転売するのが目的らしい大学生がやってきて、喜んでもらっていってくれましたが、私にとってはタダで処分ができたのでホントに便利な時代だなと実感しました。

どれだけ引っ越しに慣れてても、最後は予定外の粗大ごみが出るもので、今回もダンボールで5箱くらいは発生してしまいました。

もちろん、それは引っ越し業者の見積もりのには含まれてませんでしたが、当日来てくれた引っ越し屋さんに頼んだら追加料金なしで一緒に処分してくれて大助かりでした。

ただし、「これは会社に内緒ですから他所では言わないでくださいね」と念をおされたので、社名はここでは言えません。

引っ越しスタッフには丁寧に接しておくべきですね

見積もりの際にどれだけ交渉をしても、実際に引っ越しの日に来てくれる現場の人は全く別なので当日追加で頼むと結構多くのものを処分してくれたのでとてもありがたかったです。

こうした点を踏まえると、引っ越しスタッフには飲み物を出したり丁寧な対応をしておくことが大切なんだな~と改めて実感しました。

引っ越しする日が迫ってて退去日も迫ってる場合、粗大ごみにわざわざ処分場に捨てに行くヒマもなく、燃えるゴミにも出せないこともあるので本当にこうした引っ越し業者さんのサービスには感謝感激です。

何度引っ越し業者を利用しても印鑑や通用やPCは自分で運びますね

ちなみに、今回は近所の引っ越しだったこともあり、印鑑に通帳、ノートパソコンは自分で運びました。

主人は大切な自転車(コルナゴという55万円もするロードバイク)は自分で引っ越し先までの50kmを乗っていく形で運びました。巨大な段ボールに詰めて出すという過程が面倒だったのと、ロードバイクからすると50kmなんていつもの休日のサイクリングより短いということでした。

あと、主婦目線で思いつくことはハンガーボックスかけるコートやワンピースなどは事前に自分で持って行って、引っ越先のクローゼットにかけておくとすごく効率的だと分かりました。

専業主婦で時間があったからできたこととは思いましたが、荷物の荷ほどきが1日で終わったのも事前にいろいろ運べたからだと思うのでよかったです。ハンバーにかけたままで衣類を引っ越しすれば後は現地で箱から出しながら片っ端からクローゼットにひっかけていけるので凄くラクですよ。

「希望日に安い業者」が見つかる一括見積もり

1位 ズバット引越し比較
利用者数 利用者560万人突破
登録業者数 業界トップクラスの220社
エアコンについて エアコンの取り外し・取り付けも頼める
キャンペーン 最大10万円のキャッシュバック
詳細ページ公式ページ
2位 引越し侍
 
入力時間 入力は最短で60秒!
登録業者数 130社
キャンペーン なし(口コミやリピーターで自信がある証拠)
詳細ページ公式ページ
3位 LIFULL引越し(旧 HOME'S引越し)
入力時間 入力は最短で45秒!
登録業者数 130社
キャンペーン 最大6万円のキャッシュバック!
詳細ページ公式ページ