引越し役立ち コラム

3月末に引越しするより日割り家賃を払って4月にずらした方が数万円得することも

引越し料金は時期によって割高になることは広く知られていますが、その割高感はいったいどれだけ違ってくるものか?また、いつが割高になるタイミングか?をご存じない方も多いと思います。

そこで、1年のうちでも最も引越しが多い1~3月シーズンに絞ってリサーチしてみました。

引越し料金が最も安い1月2月と逆に割高な3月下旬!

どこの引越し業者に聞いてみても、1~2月は1年のうちでも最も安くなるそうで、その後3月下旬にかけてどんどん値上がりをし、3月末が1年で最も割高になるとのことでした。

料金の違いを具体的に比べてみますと、1月もしくは2月の上旬なら5万円で収まるものが、ピークの3月下旬となれば10万~15万円近くなり、2~3倍程に跳ね上がるそうです。

もし、1~3月にこだわらない人はこちらも参考にどうぞ→ 引っ越しにおすすめの時期とは

4月の日割り家賃を払ってゆっくり引越した方がむしろ安くあがることも

仮に、お住いの家賃が5万円や10万円と言った場合なら余計に5万も10万も払うことになるので、もし4月1日以降の引越しでも大丈夫な場合にはどうせ同じお金を払うならゆっくりとしてから運んだ方がラクですよね。

なお、4月1日になった瞬間に引越し料金は劇的に下がるため、3月末に無理して引越しするくらいなら、もう何日間か日割り家賃を払って4月に引越しした方が、数万円もお金が浮くこともありえるんです。

ちなみに、新居の家賃は交渉次第では引越し日からの日割り計算をしてくれるケースもありますし、近頃は最初の家賃は1ヶ月無料というフリーレントを用意している物件もあるので、そういった物件を選んで引越しをすれば、前の家の4月分の日割り家賃を払ったとしても金銭的な負担を防ぐことができますよね。

無理して3月下旬に引越しすると不慣れなバイトだらけ・・・という事も

超繁忙期の3月下旬なんてかき集めたバイトだらけの可能性も高く、もしそういったチームに当たってしまうと荷物を運びなれていないために、破損されたり紛失されるといった心配はどうしてもベテランだらけの時とは異なりつきまといます。

結果、1~3月で最安なのは1月、ついで2月といった感じで、3月になれば下旬にかけて一気に値上がりペースが激しさを増していきます。

そうは言っても交渉すれば値引あるんじゃない?

1月から3月末までの間の引越しでは「値引を引き出せるのは2月末まで」と考えて置いたほうがよいようです。

また、大学がある街や豪雪地帯など土地柄に特徴があるエリアの場合にはたとえ1月や2月でも思ったほどの値引が出ない事も珍しくはないようです。

また、3月に入れば大手引越し業者などは値引きなんてできないくらいに依頼が集中してくるため、3月半ばともなれば、まずどこのエリアであっても割高な料金に跳ね上がるのが一般的です。

3月でも安い金額で引越しを受けてくれる業者は避けた方が良い!

どこの業者でも3月は1年で最も忙しい時期なので割高にしても仕事はいくらでも舞い込むのが当たり前です。

なのでそんな時期に相場程度の金額や相場よりも安い金額で受けてくれる業者、もしくは忙しい時期なのに3月中旬から下旬の依頼を即答でOKしてくれる場合には避けた方が良いと思います。

安かろう悪かろうという言葉がまさに当てはまるケースになるからです。