引っ越し見積りについて

年末年始の引越しは避けなきゃいけない理由があります

事情によって年末年始に引越しをしようとお考えの方もいらっしゃると思いますが、大晦日や元日などに引っ越しをしないといけない場合には大手の引越し業者さんはどこも休みに入ります。

また、気になる料金については、年末は割高となり、新年の仕事が始まる1月4日からの料金は年末よりは安くなり年間平均くらいに収まるケースが多いようです。

(もちろん、それぞれの会社の混み具合によっても違ってくるので見積りは欠かせません。)

年末年始は大手引越し業者を選べないので避けるべき

大手の引越し業者のほとんどは「12月30日から1月の2日まで休み」または1日遅い「12月31日から1月3日まで休み」といったパターンが多いようです。

何が何でも年末年始に引越しをするとなると、どうしても小規模で口コミなども分からないマイナーな業者だったり、便利屋を利用することになり、当然ながら大手の引越し業者と違ってクオリティーの高い業者を見つけることは相当難しくなります。

大手なら社員教育やバイト教育もマニュアルに従ってしっかりできていますが、小規模な業者だとなかなかそうは行きません。また、便利屋の場合には引越しのプロではないので家具や家電をぶつけられたり、新居の壁や柱を傷つけられてしまう恐れもあります。

1月や2月上旬に引越しをすると安くて質が高い!

12月や3月は繁忙期と呼ばれていて、引越し業者は大忙しなところが多いため、どうしてもアルバイトをかき集めて対応をすることが増えます。もちろん、大手ならバイトの教育もしっかり行いますが、それでも流石に昨日や今日がバイト初日という場合には頼りないものです。

ところが、1月や2月上旬に引越しを依頼すれば、閑散期と呼ばれているわりとヒマな時期で、この時のスタッフというのは熟練スタッフが多く、バイトを利用せずにプロばかりのオールスター状態で対応してくれる事も多いんです。

もちろん、閑散期は繁忙期よりも依頼費用も安くなりやすく、質が高いのに安く頼めるという最高の時期なんです。

大手業者じゃないと家具家電の破損や住居への傷の補償が難しい

大手の引越し業者であれば、全国の支店からフィードバックされた過去の膨大な経験を元に、家具や家電の運び方や梱包の方法、それにオリジナルの梱包材の使用など想像を超えるほどの創意工夫がされています。

とは言え、人が手に持って運ぶ以上は、ごくまれに家具や家電などを壁や柱にぶつけて破損や故障をさせてしまうリスクはあります。これは大手も小規模でも同じですが、問題が起きた後のアフタフォローが大手はレベルが違うんです。

莫大な資金力をもとに、しっかりと保険にも加入していますので、運送中や持ち運び中の破損にも手厚い補償をしてくれます。

これが街の便利屋さんや小さな引越し屋さんとなれば、なかなかそうはいきません。下手するとそこの社長や社員がポケットマネーから弁償をすることになるかもしれません。

また、資金力がない場合には簡単に払うわけにもいかないので、「運搬中の破損とは言い切れません」と言われり、「補償の対象外です」と言われて弁償や補修費用を避けられるおそれだってあるんです。

年末は倒産が多い!前払金を持って引越し業者が夜逃げすることも・・・

名前を聞いたこともない零細業者へ引越しの依頼をする場合には、前払いしたお金を持ち逃げされる事も想定しないとダメです。

年末には零細企業が年を越せずに倒産したり夜逃げをするケースが多いものですが、当然、小さな引越し業者もトラックのリース料や人権費を払えずに倒産することもあります。

そうした零細の引越し業者のなかには悪質な業者も存在していて、すでに倒産することが決まっていて引越し作業なんてできないのに、あえてどこよりも安い価格で依頼を受け、かき集めたお金を持って夜逃げすることもありえます。

もちろん、最初から名前の通った大手を利用しておけばそんなリスクはありません。もし仮に全国チェーンのような大手引越し業者なら、あなたが依頼した店舗が何かトラブルを起こしたとしても、大元の本社が誠実に対応をしてくれるので安心なんです。

それでも年末年始に引っ越しをしないといけない・・・・という場合

どうしても無名だったり零細業者を頼らないと行けない場合には引っ越し料金を前払いしないように交渉してみてください。

とは言え、全額後払いというのも相手業者は嫌がるので割高な料金を取られる可能性もあります。もし後払いを希望するなら値引交渉まで全て終わってから言うのがおすすめですね。

ベストな支払い方法は、半分は前払いしておき残り半分は後払いにするという方法です。これなら業者のやる気にもあまり影響が出ませんので乱雑に扱われるリスクも減らすことができます。また、こちらとしても、引っ越し後に荷物の破損や紛失などを確認したうえで納得して払うことができるので気持ちの良い支払いができます。