引っ越し見積りについて

引越し料金はクレジットカードより現金払いが優遇される?

引越し料金の支払いは、基本的にはどこも事前に現金払いをするのが一般的です。

でも、なかにはサカイなどの大手では三井住友VISAやJCB、マスターカードやアメックスなどで支払いができるところもあります。

ただし、カード払いだと引越し業者によっては優先順位が後回しになったり値引きが効かない事もあるのでぜひ知っておいてください。

なぜカード払いと現金払いでは引越し業者の対応が違うことがあるの?

これは引っ越し業者に限った話じゃありませんが、カード払いを行った場合には相手は本心では喜んでいないものなんです。その理由は「すぐに現金が手に入らない」ということが大きな理由です。

特に引越し業者の場合には、社員やバイトへの人件費やトラックのローン返済やメンテナンス費用、もちろんガソリン代の支払いに常に追われています。そんな会社でお客さんからもらえるお金が翌月や翌々月なんてことになれば相当な痛手です。

そうした理由から、現金払いのお客さんというのはありがたい存在なんです。

現金払いじゃないと大きな値引きは出にくい!

引越し業者を選ぶ際に、ほとんどの方は値引交渉をされると思いますが、その際に必ず確認をされるのが「現金払いかカード払いか」ということです。とにかく引越し業者からすれば現金客を歓迎する傾向があるので、どうせ値引に応じるなら即金で払ってくれる人の方に力を入れるのは当然のことです。

仮に20万円の支払いの場合、カード払いなら値引はせいぜい1万円くらいしか出ないかもしれませんが、現金払いの場合には2万~3万、もしくは5万円引きになるという可能性も秘めているんです。

現金払いのお客さんはカード払いのお客さんより日程も優遇される?

会社が喜ぶのが現金客だということは、当然、現金払いのお客さんがカード払いのお客さんよりも何かと優遇されるのは当たり前の話です。例えば、引越しのスケジュールの確認の際に、仮に、現金派とカード派のお客さんが同じ日にバッティングしたとすると、金額が同じような引越しなら現金派のお客さんを優先するのは仕方のない話です。

私が過去に営業マンから聞いた話では、カード払いで受けた30万円の引越し依頼よりも、現金払いで受けた20万円の引越しの方が営業成績に直結して反映できるから嬉しいという話や、後から入金確認をしなくてよくなり営業マンの手間も省けるから嬉しいという話を聞いたことがあります。

ゴールド・プラチナ・ブラックでのカード払いなら大幅値引が出ることも!

引越しカード払い

もしもあなたがお持ちのクレジットカードがゴールドやプラチナやブラックカードの場合には、交渉をする前に「支払いはアメックスでも大丈夫ですか?」なんて言いながらカードをテーブルの上に置くなどして、お持ちのカードの色を営業マンに見せることで値引交渉が有利になることもあります。

仮に、ネットの査定サービスを利用する場合には、備考欄などに「◯◯カードのゴールドで支払い希望」というように、いやらしいかもしれませんが、アピールをしておくと出てくる査定額に違いが出る可能性もあります。また、スタッフもバイトだらけでなく社員で固めてくれるかもしれませんよ。

ゴールドやプラチナやブラックカードで営業マンの反応が違ってくる理由とは?

そうした色のカードを持てるということは、過去のクレジットの履歴がとても綺麗(滞納経験なし)で、なおかつ年収がある程度は多いことが明白だからです。

(※最近のゴールドは昔ほど難しくなく、平均的な収入があれば作れるケースが増えているそうですよ。)

こうしたお客さんに待遇良くしておくと、後に友人の引越しの際に紹介してもらえることを知っていて、今後の紹介や次回の引越しでも単価の高い依頼を受けられると見込んで、大幅な値引きに応じこともあるんです。もちろんこれはできる営業マンの話で、先を見込んで動くことができない営業マンには通用しません。。。

※カードの支払いは一括払いにしてくださいね!