引っ越し見積りについて

引っ越しの見積りをもらうなら必ず同一条件で出してもうべきです

引っ越しの見積りをもらう際、特に複数からもうら場合には同一の条件にしていない方も多いようです。

例えば、1社目の見積りをもらった後に「やっぱりもう1社や2社くらいの見積りも見たほうが良いかな?」なんて調べる人も多いと思います。

そんな場合、各社の間に時間が開けば当然ですが、見積りの金額にも差が出てくるもので・・・ファミリー規模の引っ越しの場合には、差が最も大きく開くと10万円も違ってくるのは当たり前で、単身の引っ越しの場合でも1万円くらいは簡単に違ってくることがあります。

1社目との時間差があるならもう1回もらうべき!

もし1社目の見積りをもらってから数ヶ月が経っていたら、やはりそこはもう一度もらっておかないと何万円も大損をしてしまう恐れがあります。人によっては「2度も見積りをもらうなんて失礼じゃないかな?」と心配される方もいるかもしれませんが、そんな心配は無用なんですよね。

引っ越し業者は時期によって査定額が違ってくることは誰よりも知っているので、2回くらいの見積りをもらうことは何も問題にはなりません。むしろ、「この人、しっかりしてるな?」と思われるくらいの方が良くて、手強い相手だと思われたら他の人よりも安い見積りが出る可能性さえありますよ。

そうは言っても見積り条件を全く同じに合せてるのは難しい・・・

もしご自身で引っ越し屋さんに声をかけて見積りをもらう場合には、全社で条件を合わせることは難しいものです。荷物の全容がわからない場合での見積りは業者が勘を頼りに見積りを出すことになるからです。

仮に、すでに荷造りまで完了していて、箱数もしっかり把握できている場合や、全ての荷物が一目瞭然の状態であれば見積り条件を合わせることはできるかもしれませんが、なかなかそんな事は無理ですよね。

そもそも見積りを1社や2社の少数で判断するのは大損のリスクがいっぱい

見積りをもらうのに、CMなどの印象でいきなり1社や2社に絞り込んで依頼する人が多いんですが、それは相当マズイです。

例えば、高層階に運ぶのを得意とする業者がいますが、こうした業者に普通の2階建ての家の引っ越しの見積りをもらってもおそらく割高になります。また反対に平屋や2階建ての家の引っ越しをメインとしている業者に、マンションの3Fやそれ以上高い部屋への引っ越しを依頼したとすると、かなり割高となります。

その理由は、スタッフの人数の関係などで高層階とトラックの行き来に時間を使うことが難しいといった諸事情があります。私が知る限りでは、マンションでも戸建てでもどんな場合でも得意とするなんて引っ越し業者は聞いたことがありません。

そういうものなんですよね。