引越し先 状況別

新居への引っ越しは安さだけで業者を選ぶと家を傷つけられて泣きを見ます

引っ越し業者を探している方の中には、マイホームを建てた方やマンションを購入された方も多いと思います。

でも、そんな夢のマイホームへの引っ越しの際に、引っ越し業者を安さだけで選んでしまうと、壁に家具をぶつけられたて壁紙が破れたり、きれいなドアにいきなり凹みやキズをつけられる恐れがあります。

それに、フローリングや玄関をキズモノにされることだってよくあることです!

新居への引っ越し業者は安さと品質を兼ね揃えたところを選ぶべき!

実は私、過去に家族で10回の引っ越しを経験している転勤族の家の育ちで、私自身も就職してから3度の引っ越し経験があります。そんな私の体験上、単なる安さだけで引っ越し業者を選んでしまうと、必ずと言って良いほど後から後悔するという現実を知っているんです。

とは言え、昔と違って今はネットで見積を気軽に集められるようになったり、大手企業も数が増えてきたために価格競争が激化し、おかげでちゃんと選びさえすれば、信頼できる大手企業の中から安い業者を選ぶことができるようになっています。

そのために必要なのがネットによる一括査定なんです

査定サービスには信頼できる業者のみ登録されているので安心なんです

査定サービスにはいい加減な業者は登録されていないので料金でダマされたり、いい加減な荷物の運び方をされる心配もありません。

それに、ちゃんとした業者というのはそこで働いているスタッフも長年勤務をしている人が多く、荷物によって持つ場所のコツを分かっていたり、傾けてはいけない家電製品の特徴なども熟知しています。

普通に考えたら大手が安く引っ越しをしてくれるハズはありませんが・・・

もちろん、大手業者ですからどこぞの無名の業者みたいに激安価格とまではいきません。でも、ネットの普及によって価格競争が激しくなっていることを背景に、昔に比べたら随分と安くなっています。

それに、大手だからこそ新居への引っ越しで細かな配慮をしてもらえるんです。

もちろん、査定サービスを利用せずに大手の引っ越し業者に自分から直接訪問をして見積りをもらうこともできますが、私の経験上では自分で大手業者と交渉をして値引を得られる額よりも、見積りサービスを使ってラクをした方が安い価格が出やすい傾向があります。

大手業者だって新居を傷つける確率はゼロじゃない!でもフォローが違います

大手とそうでない業者には会社の資金が桁違いに差があります。その資金の差は社員やバイトの待遇に直結しているために、無理に少ない人数で引っ越しをさせることもありませんし、バイトの教育に至るまでしっかりしています。

教育が行き届いていると言うことは、荷物を乱雑に扱うことは無いという意味にもなります。とは言え、どんな業者さんでも人間が手に持って運ぶ以上は「ついうっかり」という事態はゼロではありません。

ここで大きな差がつくのがアフターフォローです!大手なら豊富な資金のおかげで引っ越しの荷物や新居を破損や傷つけてしまった場合には修理や買い替えといった補償が手厚く行われます。

ところが、これが安さだけを追求して名も無い業者を選んでしまっていたとしたら・・・ゴタゴタに発展して「払え!」「払わない!」の言い合いとなるのは火を見るよりも明らかです。

素人だらけで運び込みをされると汚されるわ傷つけられるわで「帰れ!」と言いたくなります

私は以前に、バイトだらけの引っ越し部隊に「もう良いから帰ってくれ!」と言いかけた経験があります。

その時はあまりにも突然の引っ越しだったために、希望していた大手業者さんでは日程を合わせてもらえないことがありました。そこで仕方なく地元の引っ越し屋さんに頼んで2人分の荷物を運んでもらったことがあります。

料金はまったく普通の金額で他社と比較しても安くはなかったんですが、当日にやってきたのはバイトが5人と社員1人という不安だらけのメンバーでした。

心配は的中し、まずは汚い靴と汚れた靴下で家にドカドカ上がりこまれ、こちらが「スリッパがありますからどうぞ使ってください」というと、バイト達は「うぃーす!」と返事はするものの靴下のままでスリッパを履いてくれませんでした。

足が汚いからスリッパ履いてくれ!とは・・・なかなか言えないものです

その時は引っ越しをして退去する側の家だったのでまだマシでしたが、これが新居の方だったらと思うと、流石に怒鳴っていたと思います。こんなことはその後に大手を何社も利用したなかでは1度もないことでした。

中には、靴下を履き替えて上がってくれる業者もいたくらいですし、皆さんどこの大手さんも靴も服もかなり綺麗なんですよね。

たぶん、小規模な引っ越し屋さんだと自腹で洗濯をしないといけないとかで、お金がかかったり予備がなかったりでマメに洗濯していないのかもしれません。

※ちなみに、新居への運び込みはガレージにどんどん下ろしてもらって、そこからは私達は家族で部屋に上げていくとう方法を取りました。それで腰が痛くなってのでもうそれからは大手業者さんを頼ってちゃんと室内の希望した部屋に下ろしてもらうようにしています。これが普通ですよね!

結局、安さだけで選んでしまうとどうしても無名なところに行き着いてしまい、とても払ったお金に見合う引っ越しにはならないものです。もし安い価格を追求する場合でも、査定サービスさえ利用しておけば、利用者満足度が業界で1位や2位といったまともなところから選択ができるので無難です。