みんなの引越し体験談

安く済ませるはずの引っ越しが手伝いのドタキャンやトラックの故障で高い引っ越しに

今の会社に就職が決まってから、引っ越しをすることになりました。引っ越しをした理由は、当時は実家に住んでいたのですが、就職先の会社に通うには実家から片道2時間以上かかるので、思い切って一人暮らしをすることにしたからです。

あまりの通勤時間の長さにうんざり

引っ越しをした当時は28歳で仕事は事務系の総合職でした。

頑張れば実家から通えるので一時は実家から通うことも考えたのですが、月曜日から金曜日まで毎日通勤時間に4時間を費やすことは当時の私にとっては考えられませんでした。これでは仕事帰りに友達との食事やショッピングもゆっくり楽しめません。

時間を無駄にしないために通勤時間で勉強をすることもできますが、短期間ならまだしも、これからずっと1日4時間の通勤を続けることは私には無理だと思いました。

初めからうまくいかない引っ越し作業

引っ越しは業者を使わずに自分ですることにしました。これが全ての失敗の原因になるとは・・・

当時はお金もあまりなかったので敷金・礼金などの初期費用がかなりかかる見込みでしたから、浮かすことができるお金はすべて浮かしたいと思ったからです。

引っ越しにかかった費用は、仲のいい友人2名に手伝ってもらったので、実質的にはゼロ円です。あえて言えば、友人に御礼として夕食をおごりましたので、その食事代として1万円くらいでしょうか。

安く済むはずだったのにあんなにトラブルばっかり起きてしまうとはこのときはこれっぽちも思っていませんでした。

段取りが次々と崩れて結局ドタバタに

今回の引っ越しは、業者に頼まずに自分たちで作業をしたので、かなりドタバタしたものになりました。まず、当初お願いしていた友人が、当日に別の用事が急遽入ったということで来れなくなってしまいました。

私は友人のいきなりのドタキャンに腹が立ちましたがここで躊躇してるヒマはありません。荷物の多い引っ越しだったのですぐに別の手を考えないと私と友人1名の合計2名だけでは当日中に引っ越しを終わらせることは難しい状況だったからです。

先輩に頭を下げて手伝ってもらうことに・・・

そこで、私が普段からお世話になっている先輩に頭を下げて、なんとか当日手伝っていただけることになりました。とはいえ、後日かなり値の張る食事をおごる羽目になったのですが…。

また、なんせ全員が引っ越しの素人ですから荷造りだけでも大変なのに荷物を移動する時にもトラブルが発生です。荷造りを終えてトラックに荷物を詰め込み、いざ引越し先へ出発したのですが、さらぶ思いがけない出来事が起こりました。

まさか高速道路でも引っ越しのトラブルがあるなんて

高速道路での移動を済ませもう少しで高速道路を降りるという時に凄い勢いで車のスピードが落ちてしまいました。後から分かったんですが、理由はガソリン漏れでした。朝に満タン入れていたガソリンがたった1時間ほどの移動でガソリン切れのランプがついてしまったんです。

このままでは大変なことになるとパニックになりながら、急いで路肩に車を移動させました。急いで車から降りてガードレールの外側に退避したところ、運よく高速道路を常時点検している警備隊が通りかかったのでレッカー車を呼んでもらいました。

引っ越しはいったん中止となり修理工場へ

結局はガソリンタンクの底をどこかで強打した際に小さな穴が開いていたようで、そこからサビが出て穴が多くなったんだろうという話でした。大変だったのはここからで、修理工場の駐車場で代わりのトラックに荷物を移し替えることになったんです。まるで引っ越しを2回したような疲労でした。

また、手伝いを依頼した私も責任を感じてレッカー費用は払うことにし結局3万円も払うという高くつく手伝いになりました。

いろいろトラブルがあった初めての引っ越しですが良い勉強になりました。また次に引っ越しをする時は、絶対に引っ越し業者を利用しますね。そしたら車が故障してもお金の心配がいりませんからね。