みんなの引越し体験談

翻訳の仕事をペースアップさせようと北海道に引っ越し!無計画にいきなり移住して痛い目を見ました

58歳の時に愛知から北海道へと1人で急に引っ越しを決めた時の経験談です。

引っ越しをした理由は3つで

  1. フリーランスで翻訳の仕事をしていて仕事場所を変えてみたかった
  2. 妻の母が北海道の田舎で一人暮らしなので私が移住すれば安心だと思った
  3. 夏に北海道に旅行に行った際に雄大な自然の素晴らしさにハマった

こんな安易な考えから、思い立ったが吉日とすぐに引っ越しすることにしました。

夏の北海道のすがすがしさに冬の厳しは想像できませんでした

夏の終わりから準備し始めて、本格的な寒さが来る前に引っ越しを済ませてしまおうと私は 少し焦っていました。と言うのも、移住を決めてからというもの、妻や友人から北海道の冬の厳しさを耳にタコが出来る程聞かされたからです。

秋には郵送でざっと不動産の手続きなどを済ませ、物件の下見もネットだけで済ませた状態で、一路、北海道へと向かうことになりました。持って行ける荷物と言えば簡単な身の回りのものだけでした。

衣類が主体で後は僅かな日用品や雑貨だけという気軽な気分でした

北海道の冬は厳しいとはさんざん聞いてはいたものの冬物は嵩張るし、大型のスーツケースに詰め込んでも3~4日分の着替えがせいぜいです。

これで北海道の冬が超えるかどうかさすがの呑気な私も少し不安になり、北海道に滞在歴の長い友人に電話で相談しました。すると「何も暖房をつけないと氷点下まで室温が下がるのは当たり前」「水なんて止めてから寝たら毎日のように水道管が凍結するぞ」と恐ろしいアドバイスをくれました。

それに「お前も若くないからラクダの股引はイヤだ!なんて言ってられないぞ」と笑われてしまいました。

引っ越し費用を抑えるために最低限の荷物を持っていざ空路で!

引越し屋さんを使えば簡単北海道まで荷物を運んでくれますが、費用のことを考えて躊躇してしまったのが災いしました。後で気がついたんですが現地では思うように手に入らないものが多くて、ネット通販の送料無料を活用していろいろ新しく買い揃えることになりました。

(この時の私は、愛知で便利な生活に慣れていたので、北海道に行っても現地で何でも買い揃えばいいと思い、仕事関係なのどの一切の家電や家具を愛知の家に置いていってしまったんです。)

思っていたより早い北海道の冬の訪れ

北海道では例年よりもだいぶ早く冬の寒さが到来すると天気予報でやっていました。愛知と違って「少し寒い」のレベルが全く違うと思っておかないと命にも関わると周囲にも言われましたね。

現地についてからすぐに使える暖房器具は何もありませんでした・・・愛知に全てを置いてきたからです。しかもネット通販で買った品も到着までに数日かかるので、これではこの先の数日を乗り切ることは出来ないと焦り、近所のホームセンターで石油ストーブと毛布を購入しました。

「本格的な暖房器具なんて必要に応じておいおい買い揃えればいい」そう思っていた私の予測を裏切る北海道の冬の訪れの早さに愛知の家族も心配をしていたようで妻が毎日電話をくれました。

仕事を再開できたのは引っ越しから1ヶ月も先でした

通販で購入した荷物も徐々に到着し始め、これで仕事がすぐに再開できると一息ついたところで今度はインターネットの開通まで1ヵ月かかるという回線業者の想定外の返事!これには私は驚きました。もう少し事前に調べておいたら・・・と後悔したものの仕方がないです。

完全に穴熊状態でした。ネット回線が繋がらないと私の翻訳の仕事もクライアントとのやり取りが思うように進みませんし、いざ気分を変えて外出して街を探索しようにも外は風が強く気温も低くてとても気軽に出かけれる状態でもありません。仕事をはかどらせるために北海道に移住したのに逆にペースダウンしてストレスでしかありませんでした。

こんなことなら、ケチらずに、引っ越し業者さんに家財の運搬を頼むべきでした。そしたらこんなにストレスもなかったし仕事もはかどったはずです。

クライアントにはひたすら電話で謝罪をしました。幸いにも納期に余裕がある依頼だったので何とかなったのが不幸中の幸いでした。。でも、ネット回線が繋がってからは何日も徹夜続きで遅れた仕事を進めたので相当疲れたましたね。

もし私が駆け出しのペーペーのフリーの翻訳家だったら、もう仕事は回ってこなくなっていたかもしれません。そう考えるとゾッとします。

ネット接続もしてくれる引っ越し屋さんも今はあるとか

後から知った話ですが、今は引っ越し業者がインターネット回線の仲介もやっていたりで、室内のWi-Fi設定までセッティングもしてくれるところもあるようです。私くらいの年齢になり、しかもフリーランスであれば、お金で時間を買うべきだな・・・と60歳近くなっていろいろ実感しました。

結果、ケチの私は北海道に移転してかえって高くつく羽目になり、あれやこれやと買い溜めするのに日々奔走する結果となったのです。とにかく時間もお金もかえって高くついて無駄になりました。やはり引っ越し業者は活用するべきですね。。。